« 古典の力 | トップページ | 「滝廉太郎とキリスト教」 »

2009年3月 8日 (日)

井上哲次郎のこと

ケーベルの来日のきっかけを作った人、またキリスト教批判で、井上哲次郎という人物は、よく知られていますが、名前だけで、どんな人物であったかは余り知られていないかも知れません。

『キリスト教をめぐる近代日本の諸相』(加藤信朗・監修、オリエンス宗教研究所、2008年)の第6章で、渡部清・上智大学教授が、「井上哲次郎の「日本主義的哲学」とキリスト教批判」という題で書かれています。

Rimg0233Rimg0234

●井上哲次郎(1855-1944)の旧宅あと(東京都小石川3-20-11)は、いま、東京都の指定史跡になっていて、その由来を紹介するプレートがあります。

それによると、この場所は、明治25年(1892)から亡くなる昭和19年(1944)まで、住居のあった所です。だいたい、37歳から89歳まで、ここに住んでいたことになります。旧宅は戦災で焼失してしまいましたが、書庫であった土蔵二棟(写真)が残っています。

今、この場所は、文京区立井上児童遊園(写真)になっています。

|

« 古典の力 | トップページ | 「滝廉太郎とキリスト教」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古典の力 | トップページ | 「滝廉太郎とキリスト教」 »