« 歴史は繰り返さない | トップページ | 実存主義の信条 »

2005年5月18日 (水)

宗祖への提言

宗教に教団はつきものである。教団がなくなれば、教えは後世に伝わらない。教団の主要活動は教えを広めることだが、その結果は信徒の増加であり、教団の成長である。その時、教団は誰でもが参加しやすいものでなければならない。この、教団のかたちを参加しにくくしていては、たとえ、その教えが正しくとも、信徒にとっては生活が制約される。そこから、教団活動に参加しても、内心、ためらいを感じているかも知れないのだ。

|

« 歴史は繰り返さない | トップページ | 実存主義の信条 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/4179909

この記事へのトラックバック一覧です: 宗祖への提言:

« 歴史は繰り返さない | トップページ | 実存主義の信条 »