« 考える | トップページ | 安楽岡登馬 »

2005年5月 5日 (木)

教会のイデオロギー?

「新しき中世」という言葉は、ローマ・カトリック教会のイデオロギーとみなされてしまうかも知れない。その否定的反応への回答は、それは歴史的中世への回帰ではなくして、新しい時代の創造なのだということである。中世に十字軍があった。しかし、それへの反省から修道会が生まれ、その会の一人が中世の頂点を探り当てた。その理念の有効性を問おうというのである。近代の分裂から、統合を目指す理念として、それはある。その解明なくして、近代は終わらず、また近代の悲劇も終わらない。

|

« 考える | トップページ | 安楽岡登馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/3991665

この記事へのトラックバック一覧です: 教会のイデオロギー?:

« 考える | トップページ | 安楽岡登馬 »