« 教会のイデオロギー? | トップページ | 展望 »

2005年5月 5日 (木)

安楽岡登馬

98年ころ、パソコン通信で「ハレルヤ・ハレルヤ」に書き込みをしていた。その時のハンドル名は安楽岡登馬であった。安楽岡は私の小学生時代の家庭教師の名前であった。東大野球部に所属していて、卒業後、第一銀行に勤め、第一勧銀の支店長になったが、亡くなられたと聞いた。私にとって、人生でもう一度帰りたい、よい時代であった。安楽岡登馬には、意味がある。こんなものであった。安楽な岡(これが人生の目的・目標)に馬で登るという意味である。馬はペガサスがいいかも知れない。また、登馬(とうま)でトマスを意味させようと思った。中世の神学者、トマス・アクィナスである。

|

« 教会のイデオロギー? | トップページ | 展望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/3993838

この記事へのトラックバック一覧です: 安楽岡登馬:

« 教会のイデオロギー? | トップページ | 展望 »