« ケーベルのこと | トップページ | 信仰の必要性 »

2005年5月 5日 (木)

生と死

生と死とは、実は表裏一体なのである。生の追求は、実は死をもたらし、死への接近は、実は生をもたらす。よく生きるとは、実は、よく死ぬことでもある。「貧しいものは幸い」といったキリストの教えの一見、矛盾と見えるものは、実はこの真実に根ざしているのである。

|

« ケーベルのこと | トップページ | 信仰の必要性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/3988783

この記事へのトラックバック一覧です: 生と死:

« ケーベルのこと | トップページ | 信仰の必要性 »