« 悲しみの家 | トップページ | 死ぬということ »

2005年6月29日 (水)

幸福感の中で

   幸福感にひたりながら
   不吉な思いが心を横切る
   
   この幸福は、いつまでも続くことはないだろう
   いつかはなくなるだろう
   
   その思いは不思議と的中する
   不幸が来て、人は道を求め始める
   
   そこで、覚者は言う
   幸も不幸もない、それらは相対の事柄
   
   それは悟りの言葉ではあっても
   癒しの言葉ではなかった
   
   どうしたら、その境地に到達できるのか
   どうしたら人生を達観できるのか
   
   不幸には意味があるのだ
   もっと恐ろしい事柄を気づかせるための道具
   
   その恐ろしいことを知って
   人は初めて不幸を超える
   
   そこに、いのちの問題がある
   二つの命の問題

  命の弁証法
  不思議な説明
   
   この世には、さまざまな不幸があり
   それに応じて、さまざまな幸福商人がいる

|

« 悲しみの家 | トップページ | 死ぬということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/4763463

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福感の中で:

« 悲しみの家 | トップページ | 死ぬということ »