« 望ましい社会 | トップページ | 迷惑メール »

2005年6月16日 (木)

高嶺の花

   道端でふと見ると
   美しい花があった
   
   そのまま通りすぎることができずに
   手を延ばした
   
   しかし、花は超然としていた
   高嶺の花のように
   
   旅人に気づかないのか
   感情も意志もない造花のようでもあった
   
   旅人は、ついに
   その花を摘むことができなかった
   
   高嶺の花は旅人を慰めるために
   そこに置かれているのだ
   
   だから、摘むことはできないし、
   摘んではいけないのだ
   
   そう思って、旅人は
   再び旅を続けた

|

« 望ましい社会 | トップページ | 迷惑メール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/4583397

この記事へのトラックバック一覧です: 高嶺の花:

« 望ましい社会 | トップページ | 迷惑メール »