« 「何となく不安」 | トップページ | 望ましい社会 »

2005年6月13日 (月)

日本の古都

   薄暗い夜明けの京都を
   市街電車と自動車が走る
   
   まだ大きな静けさが
   町を包んでいる
   
   市街電車と自動車の騒音は
   恐縮しているようだ
   
   寺院の立ち並ぶ町では
   騒音は歓迎されない客
   
   鳩が遊ぶ本願寺の庭で
   老婆が餌を与えている
   
   大勢の婦人らが
   奉仕のために庭を通る
   
   大きな権威の下で
   個我を無にした中世の絵
   
   三十三間堂の中は薄暗く
   無数の観音像が立ち並ぶ
   
   仙人のような像が一つ
   あばら骨が見えている
   
   顔は上を向いて
   何かを求めている
   
   肉体の死の中から
   上なるものを仰ぎ見る
   
   魂は死の現実の中でのみ
   浄化されるかのように
   
   三十三間堂の外には
   みやげものを売る老婆の姿
   
   邪心なく、顔をあからめ
   笑みをたたえている
   
   貧しさを気にしない
   光が老婆を包む
   
   細い道の片隅に
   小さな石のお坊さん
   
   座りつつ
   こちらも、上を仰いでる
   
   子供のような晴れた心に
   ふと、一茶を想う
   
   寺の庭で無心に遊ぶ
   子供と老人の幻影
   
   自然の美しさ
   ありのままの美しさよ
   
   古い建物たちの中で
   歴史がよみがえる
   
   静かな町、京都
   昔を回想させる町、京都
   
   市街電車の中で
   美しい女学生に逢った
   
   舞妓さんのような顔立ち
   昔の宮廷美人のようだ
   
   貴族的な、しとやかな
   和魂の町、京都
   
   悠久なる無の庭から
   知性は天空に飛翔する

|

« 「何となく不安」 | トップページ | 望ましい社会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/4540878

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の古都:

« 「何となく不安」 | トップページ | 望ましい社会 »