« 流動的人間関係 | トップページ | 輪廻 »

2005年7月 3日 (日)

自意識の錯覚

自分が多くの人々の視線をあびていると思うと、足がすくむかも知れない。自意識は、どこまでも、自分中心である。しかし、人々の関心は、それほどには自分に注がれていないのだ。自分の存在を知らない人だってたくさんいる。いや、世界に目を注げば、そんな人の方が多い、。自分は、自意識ほどには、重要人物ではないのである。

|

« 流動的人間関係 | トップページ | 輪廻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/4814802

この記事へのトラックバック一覧です: 自意識の錯覚:

« 流動的人間関係 | トップページ | 輪廻 »