« 個人と共同体 | トップページ | 無常観の発生場所 »

2005年7月31日 (日)

性善説と性悪説

人間は性善か性悪か。そんな粗雑な問いに対しては、ジルソンの「中世哲学の精神」の一読を勧めたい。信仰がないと読めない本ではあるが、信仰があれば、人間とは何かに関して、十分に納得のいく説明がされている。中世の魅力が、ここに書かれている。

|

« 個人と共同体 | トップページ | 無常観の発生場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/5247767

この記事へのトラックバック一覧です: 性善説と性悪説:

« 個人と共同体 | トップページ | 無常観の発生場所 »