« 死を待つ | トップページ | 悪妻 »

2005年7月26日 (火)

死もよいものだ

愚かで、恥じ多き人生もいつかは止む時が来る。狂気の人生にも終わりがある。その意味で、死もまたよいものだ、と思う。普通は、隣人の生を助けたいと思う。殺人は罪である。いや、殺人ではないのだ。愚かな生が、その愚かな欲求のはけ口を作るのを、いくらか同情しつつ、また、その愚かな生にもいつかは終わりが来ることに望みを持つことも、人には許されているのではないだろうか。罪によって、全体の秩序が失われてしまった世界の中で、その不健全さを周囲に撒き散らしている存在も、やがては死によって終わるのだ。この世に死があるということは、この世の健全さの維持のために必要なことなのである。

|

« 死を待つ | トップページ | 悪妻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/5166661

この記事へのトラックバック一覧です: 死もよいものだ:

« 死を待つ | トップページ | 悪妻 »