« 神の言葉を聴く | トップページ | 悪の決断 »

2005年7月25日 (月)

悪とは何か

   悪の意味は何かと問えば
   それは無意味と答えよう
   
   意味は善にかかわるもの
   だから、悪に意味はない
   
   悪に意味があるとすれば、
   それは他の善に関係している
   
   例えば
   ポルノ氾濫の日本社会を、どう見るか
   
   昔の倫理なら、悪の蔓延
   しかし、それは自由の善に支えられている
   
   人は言う
   世界に悪が見られる
   
   世界を造ったのは神というが、
   であれば、神は悪か
      
   悪を造った全知全能にして、
  善なる神は理解できない
   
   答える人が言う
   「悪を造る」とは何か
   
   造られたものはすべて存在
   存在にはすべて意味がある
   
   その意味に善がある
   だから「悪を造る」とは無意味
   
   悪の存在を支えるものは悪にはない
   悪の存在は他の善によって支えられている
   
   その関係を見た時
   初めて悪が理解できる
   
   そして創造が理解される
   神は善なり

|

« 神の言葉を聴く | トップページ | 悪の決断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/5147384

この記事へのトラックバック一覧です: 悪とは何か:

« 神の言葉を聴く | トップページ | 悪の決断 »