« 自分探しの目標 | トップページ | 生活習慣病 »

2005年7月30日 (土)

イワンへの回答

ドストエフスキーの小説「カラマーゾフの兄弟」の中で、イワンは、罪のない少女の涙に同情して、神の創造を否定する。イワンの判断に共鳴する人も多いだろうと思う。しかし、真実はどうなのだろうか。イワンは神の声を聞いたのである。それは、あの「罪のない少女」のために、何事かをせよ、という声であったろう。しかし、イワンは、その声に従わなかった。その言い訳が、あの神の創造への批判となったのだ。神の声を聞いて服従しなかったという点では、預言者ヨナと同様であり、両者にはどこか類似の点もあるに違いない。では、イワンの立ち直りは、どのようにして可能なのだろうか。原点に戻ること、あの「罪のない少女」のために何事かをなすということである。大きなことでなくともよい、小さなことでよい。その時、イワンは信仰から信仰に進むであろう。イワンは根っからの無神論者ではないのである。彼は神を知っている。ただ、服従しなかっただけである。その理由は、彼がとうとうと述べている理由ではない。それは不服従を決断したあとに、考えられた理由である。なぜ、彼は神の声に従わなかったのか。それは、まだ分からない。

|

« 自分探しの目標 | トップページ | 生活習慣病 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/5231781

この記事へのトラックバック一覧です: イワンへの回答:

« 自分探しの目標 | トップページ | 生活習慣病 »