« 死もよいものだ | トップページ | 悪 »

2005年7月27日 (水)

悪妻

結婚後、間もなく、妻の激情を経験して、日記に「僕の妻は悪妻」と書いた。妻は、それを見て、何かと「私は悪妻」と言う。確かに、今まで、妻を良妻と思ったことは一度もない。弟の結婚式の時、一人で出席しようと思ったが、妻も行くという。しかし、妻の精神に不安定さを感じて、妻と一緒に出席したら、その時には何が起きるか不安になり、欠席することにした。それ以来、実家の親族の冠婚葬祭には二人では一度も出ていない。離婚を考えたこともあるが、ふんぎりがつかなかった。優柔不断なのかも知れない。生活は不健康な生活であり、普通の人であれば、結婚生活は、ずっと以前に破綻していたであろう。しかし、二人とも歳をとった。毎日、愚かな言動で、周囲の人たち物笑いになっているが、夫としては、妻の同類の障害者たちのために、何かをしつつ、こんな生活に終止符を打つ時を待望し、静かに死を待つ生活をしたいと思う。

|

« 死もよいものだ | トップページ | 悪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/5171189

この記事へのトラックバック一覧です: 悪妻:

« 死もよいものだ | トップページ | 悪 »