« 靖国神社と宗教法人 | トップページ | 自分探しの旅 »

2005年7月24日 (日)

病気

病気というものは、人間の一生の中で、なしにすますことの出来ないものである。いつかは病気になり、死を迎えることとなる。入院したり、通院していれば、自分の病気を知らされ、医師とのつきあいがなくなれば、自分は健康になったと思う。しかし、やっかいな病気があり、一生、薬を飲み続け続けねばならない場合もある。そこで思う。病気と一緒に生きていけばいい。克服できる病気であれば、克服した方がよい。克服できない病気であれば、病気と一緒に生きていけばよい。そこにもよさがある。「私は健康な人ではなく、病人を招くために来た」とイエスは言われた。病人は神に招かれているのである。

|

« 靖国神社と宗教法人 | トップページ | 自分探しの旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/5122912

この記事へのトラックバック一覧です: 病気:

« 靖国神社と宗教法人 | トップページ | 自分探しの旅 »