« ストレス人間 | トップページ | 悪の奴隷 »

2005年8月14日 (日)

自由の保障

米国のブッシュ氏が大統領就任式で、「リバティ」(自由)という言葉を使ったという。この「リバティ」という言葉は、神が保障するものとして使われている。そんな印象を持たれている。神が自由を保障する。本当にそうなのだろうか。少し違うのではないか。自由は悪の原因である。自由があるから悪がある。だから悪を保障するのが自由である。すなわち、自由を保障するというのは、悪を保障するということである。と言うことは、神が自由を保障するということは、神が悪を保障するということになり、はなはだ都合が悪くなるのではないか。神を悪の原因にしてしまうからである。そうではない。神は自由を保障しているのではない。神は新しき世界の創造を保障しているのである。神は自由を保障しているのではない。米国の大統領は、とんでもない思い違いをしているのだ。

|

« ストレス人間 | トップページ | 悪の奴隷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/5463841

この記事へのトラックバック一覧です: 自由の保障:

« ストレス人間 | トップページ | 悪の奴隷 »