« 人間宣言 | トップページ | 天皇機関説 »

2005年8月14日 (日)

悪の原因

世界に、そして人生に悪がある。今もある。その悪のため、神に対する疑いが起きる。善である神が、どうして悪をもたらすのか。なぜ悪があるのか。悪の原因は自由である。自由から悪が起きてくる。今の日本は、性風俗の解禁のような様相を呈している。それらは昔の人にとっては、悪であった。今でも、別の国では悪である。それらは自由の名の下で現れているのだ。悪をなくすには、自由をなくせばよい。しかし、自由をなくすことができるか。自由がなくなれば、人間として生きていけなくなるのではないか。逆に言えば、悪があるから自由があるのだ。悪というものは、まだ自由がある、という証拠でもある。世界に、そして人生に悪を認める時、「ああ、自由は健在なり」と思うべきなのである。そして、自由を享受できるのは人間のみと思うべきなのだ。

|

« 人間宣言 | トップページ | 天皇機関説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/5458064

この記事へのトラックバック一覧です: 悪の原因:

« 人間宣言 | トップページ | 天皇機関説 »