« 言葉 | トップページ | 断定する人たち »

2005年8月 6日 (土)

現代日本の美学

小泉首相は、靖国神社で参拝しつつ、特攻隊で戦死した諸霊に魅せられているのかも知れない。その美学が、今、日本の政治という劇場で、小泉首相によって演じられているような気がする。まもなく、明らかとなる。郵政民営化法案は、もう中身の問題というよりも、美学の問題である。法案成立に、特攻隊の美学はない。その美学は散るように命じている。靖国神社に祭られている特攻隊の諸霊は、小泉首相に、そう命じているのではないか。それは、日本の精神を全世界に示す、よい機会でもある。

|

« 言葉 | トップページ | 断定する人たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/5330849

この記事へのトラックバック一覧です: 現代日本の美学:

« 言葉 | トップページ | 断定する人たち »