« 自民党に期待 | トップページ | 思考の吟味 »

2005年9月 1日 (木)

中世再考

中世再考の真意は、思考の中心に神をすえよ、ということである。近世は人間中心の世紀であったが、中世は神中心の世紀であった、とおおまかに言えそうである。その神中心の世紀に戻そうという企画である。神中心ということは、人間がおろそかにされるということを意味しない。逆である。神中心的思考の中でこそ、人間は真実に生きるのである。

|

« 自民党に期待 | トップページ | 思考の吟味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/5741852

この記事へのトラックバック一覧です: 中世再考:

« 自民党に期待 | トップページ | 思考の吟味 »