« 決定と自由 | トップページ | 大審問官物語 »

2005年9月25日 (日)

中世主義者

中世主義者とは、信仰と理性の関係を対立・敵対関係としてとらえない人間のことである。歴史的中世は、理性が信仰に勝ちすぎた嫌いがあるかも知れない。しかし、信仰は狂信と、常に紙一重である。信仰を狂信から守るには理性に訴える以外にない。そう思えば、理性の故郷であるギリシャにも、またふさわしい共鳴の目を向けることができるかも知れない。人間を問う問いは、普遍的であり、地域に縛られるものではない。

|

« 決定と自由 | トップページ | 大審問官物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/6110256

この記事へのトラックバック一覧です: 中世主義者:

« 決定と自由 | トップページ | 大審問官物語 »