« 信仰義認 | トップページ | 人間の偉大さ »

2005年9月 5日 (月)

人生の目的

人生の最高の目的とは、神を知り、神を伝えることである。神を知るには神を訪ねなければならない。神はどこにいるのか。神は、三次元に存在するのではないから、三次元の存在者に限定されているわれわれの認識においては、われわれは直接、神を知ることはできない。三次元の存在者から抽象作業を通して、神を知るのであろう。その神を再び、三次元の中に現すこと、その表現が、神を伝えることである。
さて、その神を訪ねる時、われわれは、神の正義に抹殺されないために、眼鏡を必要とする。その眼鏡が信仰なのであろう。従って、表現されたものも、それ自身、栄光そのものではなくして、誰でも接することのできる、たわいないものでなくてはならぬ。しかし、信仰の眼鏡を持つ者にとっては、それは栄光に輝いているのである。

|

« 信仰義認 | トップページ | 人間の偉大さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/5800872

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の目的:

« 信仰義認 | トップページ | 人間の偉大さ »