« 中世の二義性 | トップページ | 捨てる »

2005年9月 4日 (日)

愛の三態

エロース、フィリア、アガペが愛の三態である。奪う愛、友愛、与える愛である。イエスは「人を愛せよ」と言われたが、その愛は、どの愛なのだろうか。奪う愛ではないだろう。友愛は、何も戒めである必要はない。だから、与える愛なのだろう。しかし、人は生まれながらにして、この愛を持ってはいない。だから、戒めなのだ。「人を愛すべし」と簡単に言うが、これは自然人にとっては不可能のことである。ここまで、考えて、この言葉を聴いているだろうか。

|

« 中世の二義性 | トップページ | 捨てる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/5777009

この記事へのトラックバック一覧です: 愛の三態:

« 中世の二義性 | トップページ | 捨てる »