« 田舎暮らし | トップページ | 永遠の哲学 »

2005年10月14日 (金)

意気地なし

子供のいない夫婦に
育児の必要はない
   
だから、そんな夫婦を
人は意気地(育児)なし呼ぶ
   
あの時、結婚は二人の問題であった
しかし、今、そうではなくなっている
   
あの時、結婚にいくらかの障害があった
今、それらが尾を引いている
   
気づいたら、結婚は家同士の問題でもあった
二人は共に家を引きづっている
   
財産は誰にいくのか
先祖の墓は誰が守るのか
   
意気地なしの抱える問題は多い
太閤秀吉の気持ちがよく分かる
   
十字架上で死んだ
イエスも意気地なしであった
   
しかし、彼の言葉で出来た小さな家族は
今、全世界をおおう大家族になった

|

« 田舎暮らし | トップページ | 永遠の哲学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/6399066

この記事へのトラックバック一覧です: 意気地なし:

« 田舎暮らし | トップページ | 永遠の哲学 »