« 全的堕落では共通 | トップページ | 全的堕落とは »

2005年10月17日 (月)

病院の問題

病院という所は病人を治す所である
   
病人の中には薬で直る患者もいれば
そうでない、やっかいな患者もいる
   
そんなやっかいな患者に対して
病院は十分、対応できないのではないかと
少し、疑いを持っている

心身症への関心が生かされていないのである
体の検査、治療が病院の柱であり
こうして医療制度が維持され
医師や病院職員への給与が支払われる
   
そこに落とし穴があるのだ
   
薬があればいいのだ
薬をあげればいいのだ
   
そんな安易な考え方が
横行していないだろうか
   
心の病に対しても、薬が与えられる
しかし、心の病の癒しのために必要なのは
気づきではなかったのだろうか
   
その気づきというのは原因の探求である
病人の魂の過去の調査である
   
しかし、そんなことは病院はやらない
そこでは対処療法が主体だ
   
精神科が脚光を浴びている今日
話し合いという不思議な治療にも
理解が増しているだろうが
   
逆に、患者の周囲で
それへの理解が不足している
   
病人の中には、
あえて、病気になろうとしている人だって
いるのではないだろうか
   
それは病気であることによって
何かを訴えるためである
   
「あなたは、本当は何が言いたいの」
それを聞かないで
ただ、薬を投与するだけで
病気が癒えるのだろうか
   
そんなことはないと思う
病気は病人一人の問題ではない
病人の環境の問題でもある
   
病気を作り出している人たちが
それに気づかない限り
病人は病気から解放されないだろう

大切なのは、病人を生み出している社会
その病理を語り尽くすことだ
これは真剣勝負である

|

« 全的堕落では共通 | トップページ | 全的堕落とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/6439520

この記事へのトラックバック一覧です: 病院の問題:

« 全的堕落では共通 | トップページ | 全的堕落とは »