« 「強く見る」 | トップページ | 実存を歌う歌手 »

2005年10月26日 (水)

人生リセットの歌

hitomiさんの「LOVE 2000」は、タイトルからすれば、「2000年・愛の歌」とか「2000年・愛の賛歌」かな、と思う。

しかし、歌詞の出だしで、ちょっと違うことに気づく。これは「愛探し」の歌なんだ。けれど、もっと重い感情が、この歌には込められているような気がする。それは、「人生リセットの歌」というのが、この歌の本質なのではないかということです。

「サバよんでみたってあの頃に戻れやしないし だから今を認めていたいの
とても大切な人も見過ごしちゃったとしても また見つければイイ」

この部分が、非常に重要なんだと思います。CDの歌詞には「大切な事」と書かれているけど、「大切な人」と歌っていますね。が、ここは、どうしても、「人」でないといけないな、と今になって思います。なぜなら、この部分は、最後の「あなたをずっと探してた」に対応しているからです。愛を運ぶのは、やはり「人」なんですよね。

あの頃は、よかった。しかし、今は別。あの頃には戻れないから、今を大切にして生きていくんだ。今、思えば、大切な人を見過ごしちゃった。しかし、また見つければいいんだ。そんな人はいないかな。そして、「あなたをずっと探してた」というのが、大きな筋なんでしょうね。

「食べてみなくちゃわからない事」というのは「愛の実感」なんでしょうが、それは、「あの頃」の「大切な人」のことがあるから、ある程度、分かっている。

しかし、この人生リセットの仕方は潔いと思うと共に、演歌なんかとは違った姿勢が出ていると思います。美空ひばりの「悲しい酒」なんか、「あの頃」「あの人」に、ずっとこだわっていて、その意味では、「今を認めてい」ないし、人生のリセットが出来ていない。こだわって涙を流すのも、私は好きなんですが、このへんが、演歌との違いなのかも知れないし、人生応援歌の性格が出ていると思います。

|

« 「強く見る」 | トップページ | 実存を歌う歌手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/6617380

この記事へのトラックバック一覧です: 人生リセットの歌:

« 「強く見る」 | トップページ | 実存を歌う歌手 »