« 礼拝の意義 | トップページ | 供養 »

2005年10月 9日 (日)

犠牲

犠牲とは何かを失うことであり、その限りでは好まれる言葉ではない。しかし、考えてみれば、われわれは、誰もが他者の犠牲の上で生きているのである。その最大の原点は、神が人のために自らを犠牲にされたということであろう。その意味では、犠牲的に生きることが正しい生き方であるかも知れない。われわれの喜びが他者の犠牲の結果であれば、われわれの犠牲において他者の喜びを生み出すことができる。そんな生き方を選択することが意味のある生き方というべきかも知れない。

|

« 礼拝の意義 | トップページ | 供養 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/6322970

この記事へのトラックバック一覧です: 犠牲:

« 礼拝の意義 | トップページ | 供養 »