« 捨てること | トップページ | 進歩 »

2005年10月20日 (木)

退職の選択

退職を目的として就職する人はいない。しかし、やがて退職を選択する時が来る。就職するということは、一つの組織(会社)の中での一つの部分としての機能を果たすことを意味する。それは自己限定を意味する。その限り、一定の保障を受けることができる。しかし、その自己限定に不具合を感じたり、その行く末がどうなるのか分かり、このまま時間が過ぎていけば、自分の可能性をなくしてしまうことになるかも知れないという不安が横切るかも知れない。こうして、人は退職の道を選ぶかも知れない。それはそれでいいのだと思う。道は開けるだろう。だが、その前に、自己認識を深めよう。それによって人生の選択の方向が決まるものだから。

|

« 捨てること | トップページ | 進歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/6484565

この記事へのトラックバック一覧です: 退職の選択:

« 捨てること | トップページ | 進歩 »