« 歴史の主役 | トップページ | 無神論の矛盾 »

2005年10月 4日 (火)

司馬さんの問い

司馬遼太郎さんは偉大な国民作家であった。仏教について多くを語ってきた。その中には重大な問いも含まれている。遺骨信仰も、その一つ。物質に過ぎない遺骨をなぜ、日本人は、あたかも、その人であるかのように大切にするのか。また仏教では霊魂を否定しているのに、なぜ、来世を当然のこととしているかのように考えているのか。これらは、我々に残された課題であると同時に、司馬さんの回答を求めている遺言であるように思う。

|

« 歴史の主役 | トップページ | 無神論の矛盾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/6245165

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬さんの問い:

« 歴史の主役 | トップページ | 無神論の矛盾 »