« 全的堕落とは | トップページ | 楽園の謎 »

2005年10月18日 (火)

首相の靖国神社参拝

昨日、小泉首相が靖国神社に参拝した。世論は賛否が半々、裁判所の判断も違憲かどうかで分裂している。恐らく、これが真相なのだろう。国民の一人として、どちらがいいとか、どちらが悪いとか、決めかねている。首相としては、歴史に判断を委ねて強烈な問題提起をしたという「実績」は残った。ただ、私としては、避けて欲しかった。その点では、公明党や河野衆議院議長などと同じだ。外交関係は大切だし、中国、韓国の人たちの気持ちを大切にしたい。避けて何か不都合なことがあるのだろうか。首相が、これまでの自分の言葉・約束を守ることを重視していても、ここまで来て、参拝を避ける判断をしても、誰も責める人はいないだろう。それでも、視点を変えてみれば、首相の5分足らずの行動に、隣国から、こんなにも強烈な反応があるという事実に注目すべきかも知れない。国家主義が帝国主義になるような時代ではないのだ。ナショナリズムで戦争ができるような時代ではなくなっているのだ。日本は憲法で平和を志向している国であると言うと共に、このような現代政治の環境的条件に関心を集めるのも一つの方法であろう。

|

« 全的堕落とは | トップページ | 楽園の謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/6452205

この記事へのトラックバック一覧です: 首相の靖国神社参拝:

« 全的堕落とは | トップページ | 楽園の謎 »