« 改宗 | トップページ | 改革者たち »

2005年10月13日 (木)

決断の重み

実存主義では決断が重視される。決断が人間を形成するというのは確かに本当である。しかし逆に、決断が人間を滅ぼすとも言えるのではないだろうか。神の言葉への承認の決断もあるけれど、サタンの惑わしにひっかかるという決断もあるのではないか。その場合、同じ決断でも、結果は大違いである。重大な決断の前には後悔しまいために何度も考えることが大切だ。しかし、神の声が「もう待てない」と聞こえてくる時がある。その時は、正しく決断しなければ、その人は一生を無駄にしてしまうかも知れないのだ。

|

« 改宗 | トップページ | 改革者たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/6381117

この記事へのトラックバック一覧です: 決断の重み:

« 改宗 | トップページ | 改革者たち »