« アジア的要素 | トップページ | 教育のあり方 »

2005年10月27日 (木)

生活と詩

hitomiさんの「LOVE LIFE」を聴きながら、
次のような八木重吉の詩の意味を考えていました。

「生活と詩」
神は愛である
生活は詩である
愛は神ではない
詩は生活ではない
しかも愛は神でありたい
詩は生活でありたい

「LOVE LIFE」は「詩は生活でありたい」という願望に対して、いい線いっているなあ、と思いました。

|

« アジア的要素 | トップページ | 教育のあり方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/6674849

この記事へのトラックバック一覧です: 生活と詩:

« アジア的要素 | トップページ | 教育のあり方 »