« 自由意志 | トップページ | 原義の喪失 »

2005年10月 6日 (木)

遺言運動

元最高裁長官の藤林益三さんは毎年、遺言を書くという。遺言は自分の死を考えるきっかけとなる。中世では「死を覚えよ」という言葉があった。遺言を書く習慣は自分の生を考える機会ともなる。遺言運動には大いに意味があると思う。

|

« 自由意志 | トップページ | 原義の喪失 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/6277366

この記事へのトラックバック一覧です: 遺言運動:

« 自由意志 | トップページ | 原義の喪失 »