« 1960年代の風景 | トップページ | 光と闇 »

2005年11月 8日 (火)

風に一番強いのは
柳の枝に違いない

どんなに強風吹いたとて
折れることはないだろう

古来、日本の生き方は
そんなものであったのだ

幕府を倒し、明治世を
開拓する間に陰ができ

神国日本と言いながら
固い枝へと変質し

枝のみならず幹までも
ばっさり折れる時が来た

折れた日本は伝統の
融通無碍に立ちかえりたり

|

« 1960年代の風景 | トップページ | 光と闇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/6977304

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 1960年代の風景 | トップページ | 光と闇 »