« 自由 | トップページ | クリスマスの悲劇 »

2005年11月27日 (日)

武士道

「武士道といふは、死ぬ事と見付けたり」。葉隠の言葉である。

死ぬ事とは何だろう。切腹のことだろうか。確かに、忠臣蔵での浅野の殿様や、赤穂浪士たちの切腹には美がある。美しくない切腹というものは、この世に未練がましい切腹のことである。人は最後は美しくありたい。

あるいは、常在戦場の意識の中で、常に死ぬことを覚悟して行動しろ、ということなのだろうか。鮮烈な生き方を可能にする覚悟を持て、ということだろうか。

もちろん、葉隠の意味は一つなのだろうが、その解答を見ないで、思い巡らすのも面白い。

|

« 自由 | トップページ | クリスマスの悲劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/7343847

この記事へのトラックバック一覧です: 武士道:

« 自由 | トップページ | クリスマスの悲劇 »