« 狭い道 | トップページ | 信・望・愛 »

2005年11月30日 (水)

司馬さんの限界

鷲田小彌太という人が『司馬遼太郎。人間の大学』(PHP文庫)という本を出しています。司馬文学に関する感想としては、ほとんど同感です。分かりやすく書かれています。晩年の土地問題での司馬さんの対応に関しては、現代に生きる課題に対する司馬さんの限界としての評価ですが、そうかも知れません。
司馬文学に、ある時期、熱中することはよいことだと思います。限界を感じるのは、そのあとのことです。私は、熱中する前に限界を言う人間ではありません。限界は、後世へのバトンタッチという意味かも知れません。誰が、バトンを受け取るのでしょうか。

|

« 狭い道 | トップページ | 信・望・愛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/7392616

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬さんの限界:

« 狭い道 | トップページ | 信・望・愛 »