« 自我に死ぬこと | トップページ | 自由と平等 »

2005年11月26日 (土)

病気

病気になった原因は
分かっている

それは誰もが
納得する原因である

しかし、原因は、それだけなのだろうか
問いは、そこにある

闘病中に何があったか
心の癒しがなかったか

心の病とは、
人間関係の中で生まれるものだった

その心が癒されるために
病気になったのではなかったか

そこにも因果関係があるのではないだろうか
もちろん、証明はできないけれど

心にも、体の病気の原因があるのではないだろうか
体と心は、どこかでつながっているのではないだろうか

心の変調で、体も病む
心が癒される時、体も健康になる

こんなことは今では常識なのだろうか
それならいいのだが

|

« 自我に死ぬこと | トップページ | 自由と平等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/7327458

この記事へのトラックバック一覧です: 病気:

« 自我に死ぬこと | トップページ | 自由と平等 »