« クリスマスの悲劇 | トップページ | 見えない教会 »

2005年11月27日 (日)

「もの」と「ひと」

  「もの」世界に抗する「人」は
 感動的だ

 暗さ・怖さの中に
 「人」の尊厳が輝く

 時は移り
 「人」は「もの」に勝った

 抗する「もの」のない
 勝利者集団としての「人」

 そこに起きる一抹の不安
 凱歌の中で再び、「もの」の影

 「もの」は三次元物体の意味ではない
 ここでは「人」の裏側

 「人」が、主義の非人格性に陥った時にも
 そこに「もの」が生まれる

 ヒューマニズムの両義性に
 弁証法と歴史がある

 明るさと暗さ
 人間社会には両方がある

|

« クリスマスの悲劇 | トップページ | 見えない教会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/7351494

この記事へのトラックバック一覧です: 「もの」と「ひと」:

« クリスマスの悲劇 | トップページ | 見えない教会 »