« 時間の継続と断絶 | トップページ | 結婚の絆 »

2005年12月 1日 (木)

カーペンターズを聴く

NHKのラジオ深夜便で、カーペンターズの曲を聴いて感動しました。特に、イエスタデイ・ワンス・モアと、トップ・オブ・ザ・ワールドには、何か懐かしい思いがしました。ということは、以前、聴いていたということです。非常に身近な曲に思えました。
なぜ、引かれるのだろうかと思いました。私は灰田勝彦の曲が好きなのですが、どこか似ていると思いました。両方とも、明るく、ほのぼのとした、肩のこらない音楽です。
これまでカーペンターズという名前や、その音楽に関心を持ったことはないのですが、その好さが分かりかけたようです。70年代前半が全盛期というのですから、古い話です。日本では騒然とした大学紛争が収まりつつある時期でしょうか。当時は、私にはカーペンターズの好さが分かるような心の余裕はなかったですね。しかし、今、本当にいいなあ、と思いました。

|

« 時間の継続と断絶 | トップページ | 結婚の絆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/7414040

この記事へのトラックバック一覧です: カーペンターズを聴く:

« 時間の継続と断絶 | トップページ | 結婚の絆 »