« 少子化問題 | トップページ | 大乗の時代と地獄 »

2006年1月14日 (土)

生き方の発見

今日の朝日新聞朝刊19面「生活」欄に、「朝山あつこさんからあなたへ」という記事があります。そこに、生き方発見の仕方が紹介されています。
要するに、「一人一人の心の中にあって、素直に楽しかったり、夢中になったり、大切に思ったりする何か」を発見しようということだ。それが、その人の「よりどころ」。それを発見して、それを伸ばしていけばいいのだ。「好きということには理屈抜きの絶対的なパワーがある」と朝山さんはいう。全く、同感である。こんな生き方を子供たちに紹介しなければいけない、と思う。勉強は出来るが、うまく生きられない子供になって欲しくない。まず、うまく生きられること、その次に、出来れば勉強も成績がよければいいが、成績が悪くてもいい。そんな順序で考えたい。
朝山さんは、「子どもたちが将来の夢や仕事を考えるためのプログラムを開発し、学校などで実施しているNPO「キーパーソン21」代表」とのこと。

|

« 少子化問題 | トップページ | 大乗の時代と地獄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/8152392

この記事へのトラックバック一覧です: 生き方の発見:

« 少子化問題 | トップページ | 大乗の時代と地獄 »