« 老子 | トップページ | 続・隠遁生活 »

2006年1月11日 (水)

隠遁生活

私は隠遁生活に憧れているものであるが、都会のど真ん中での隠遁生活もありうるのではないだろうか。修道院を世俗の外から内に移して、世俗内禁欲という生活スタイルを創った人たちが、初期資本主義のリーダーたちだったと、ウェーバーはいう。それと同様、隠遁生活は何も人里はなれた地でなされるだけではない。それでは、かえって人目につくではないか。都会のど真ん中で、ひっそりと生きること、これが最高ではないだろうか。こうして、ゆっくり生きていると、いいろな夢を見る。やがて、自分に一番大切なものが見えてくる。その方向に、ゆっくり生活の舵取りをすればいいのだ。

|

« 老子 | トップページ | 続・隠遁生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/8108192

この記事へのトラックバック一覧です: 隠遁生活:

« 老子 | トップページ | 続・隠遁生活 »