« 歴史のリセット | トップページ | 幼児洗礼 »

2006年1月 5日 (木)

隣人への義務

人が生を受けるということは、ある環境の中に存在し始めるということである。その環境について、先輩たちは、新たに生を受けた後輩たちに教える義務がある。そのかかわりの中で、人は生きることを選択し、また決断するのである。先輩たちが、その義務を怠ると、後輩たちはとんでもない間違いを犯すかも知れない。そうならないために、ここは是非、先輩たちに、言い残すべきことを、すべて語りつくしてもらいたい。
先輩たちが、その義務を感じ、何らかのかたちで、言い残すべき言葉を残していくこと、それは大切なことだ。なぜなら、それは、その先輩だけが知っていることで、後輩たちは知らないのだから。

|

« 歴史のリセット | トップページ | 幼児洗礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/8013453

この記事へのトラックバック一覧です: 隣人への義務:

« 歴史のリセット | トップページ | 幼児洗礼 »