« 行動の原点 | トップページ | ミニ・バブル »

2006年1月 4日 (水)

弟いじめ

NHKの大河ドラマ「義経」が終わったが、頼朝はなぜ、あんなにまで義経をいじめなくてはならなかったのか、頼朝の気持ちが分からない。
思うに、鎌倉幕府というのはトップは頼朝であっても、実態は妻の実家である北条氏の方に力があったのだ。頼朝は、その中で一人であり、いわば弱い立場だったのだ。頼朝は、そのことをよく知っていた、義経にも知って欲しかった。だから、義経が兄弟の情でなんでも出来ると思っているような甘い考え方に苦しんでいたのではないだろうか。それが、恐らく限界に来たのだろう。
頼朝は北条政子と結婚して、新しい生き方を見出したが、それはまた相手の実家との関係に中で新たな意識ももたらしたのだろう。頼朝は源氏の頭領というよりも、北条家の利害代表というのが真相なのではないだろうか。
結婚というものは、今では男女の合意が尊重されていても、双方の実家がかかわってくるのである。だから、双方の実家もよく知らねばならないと思う。そうしないと、不幸な結果を見ることになろう。

|

« 行動の原点 | トップページ | ミニ・バブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/7999720

この記事へのトラックバック一覧です: 弟いじめ:

« 行動の原点 | トップページ | ミニ・バブル »