« 犠牲 | トップページ | 弁証法的歴史観 »

2006年2月22日 (水)

死ぬ時

良寛は、こう言ったそうである。
「災難に遭ふ時は遭ふが良く候。死ぬ時は死ぬが良く候」

旧約聖書の「コヘレトの手紙」にも、そんな個所があった。
「何事にも時があり 天の下の出来事にはすべて定められた時がある。生まれる時、死ぬ時 」(3・1-2)

人は、生きる時に死ぬことはできず、死ぬ時に生きることはできないのだろう。であれば、今の時がどんな時なのかを知って、それにふさわしい生き方をすればいいのかも知れない。災難や死を避けたいのは人情だが、それができなければ、開き直るしかないのであろう。

|

« 犠牲 | トップページ | 弁証法的歴史観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/8780600

この記事へのトラックバック一覧です: 死ぬ時:

« 犠牲 | トップページ | 弁証法的歴史観 »