« 響きあう世界 | トップページ | デカルト »

2006年2月24日 (金)

米山正夫さん

ラジオ深夜便の「にっぽんの歌」で、米山正夫さんの作品集が流れました。歌を聴いていて、以前から気になっていた歌の多くが米山さんの作曲した歌と知りました。美空ひばりさんの歌も多く、最後は「津軽のふるさと」でした。この歌は米山さんの作詞でもあります。五木寛之さんが、ひばりさんの歌の中でも絶品と絶賛していましたが、私も、同感です。幸福な時間を過ごしました。

|

« 響きあう世界 | トップページ | デカルト »

コメント

米山正夫さんの特集は、美空ひばりさんの歌う「りんご追分」から始まり、最後が、同じひばりさんの「津軽のふるさと」であった。
戦後の日本は「りんごの歌」から始まった。「りんご」でつながる米山さんの二つの曲。同じ作曲家の歌を聞いていると、米山さんは、戦後の愛すべき日本をわれわれに残してくれているように思う。これらの歌が表している日本を、われわれは愛しているのである。私は、そう思った。

投稿: | 2006年2月28日 (火) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/8815642

この記事へのトラックバック一覧です: 米山正夫さん:

« 響きあう世界 | トップページ | デカルト »