« 創造の過程 | トップページ | 使徒的霊感 »

2006年2月 4日 (土)

教育の根本条件

ペスタロッチは『ペスタロッチ 隠者の夕暮』(福島政雄著)で、教育に大切な条件として、こんなことを指摘している。
「ペスタロッチの教育思想の根本は魂の奥底の落ち着きと云うものがなければ真実に一人一人の能力というものを延ばすことができないという考えであります。魂の根本の静けさがあれば、人間は各自その天賦の能力なり資質なりを延ばして行くことができる」

同感である。大学紛争の時、学生たちは、教育を受ける心の余裕を失っていた。教育より人間にとって重要なものがあるのではないかという焦りにとらわれていた。失われていたもの、それが「魂の奥底の落ち着き」であり、「魂の根本の静けさ」なのであろう。教育は大切である。しかし、教育を可能にさせる条件は、人間にとってもっと大切である。その、兼ね合い、バランスを考えながら、社会に対して、新たな問題提起をしていけばいい。

|

« 創造の過程 | トップページ | 使徒的霊感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/8496495

この記事へのトラックバック一覧です: 教育の根本条件:

« 創造の過程 | トップページ | 使徒的霊感 »