« 「居直った人」 | トップページ | 苦の意味 »

2006年2月 8日 (水)

現代の書斎

現代の書斎は閉じられたひとつの空間ではない。それは、いつでも、どこでも可能なものとして開かれている。それが書斎となるか否かは、ただその人の考え方いかんによる。「ながら族」、それが現代人の基本的生活スタイルなのだろう。

|

« 「居直った人」 | トップページ | 苦の意味 »

コメント

パソコンがあれば、世界中どこへでもつながりますものね。お顔が見えなくてもその思考で人となりが推測され、これもまたおもしろいものです。
いつもながら、博学なご意見楽しく拝見しております。
そういえば、どこでもドアを持っているドラえもんものび太の書斎から出てきましたね。

投稿: 草野乃局 | 2006年2月 8日 (水) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/8567066

この記事へのトラックバック一覧です: 現代の書斎:

« 「居直った人」 | トップページ | 苦の意味 »