« 実存主義 | トップページ | 平和 »

2006年2月13日 (月)

いま・ここ

歴史が面白くないのは、いま・ここの視点がないからだ。そのため、「なぜ」に答えられないからだ。そんな歴史もあると思う。

われわれは、現代に生きている。それは近世・近代に続く時代だ。近世・近代を生きないで、現代に生きることはできない。

中世への関心は、近世・近代の限界(それはルネサンスの人間中心主義の限界なのだが)の意識によるとしても、同時にその意識は近世・近代をくぐって来たものでなければならない。なぜなら、人類の意識は、そういう道をたどってきたのだから。超然たる中世は歴史的中世ではあっても、「新しき中世」ではないと思う。

|

« 実存主義 | トップページ | 平和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/8639264

この記事へのトラックバック一覧です: いま・ここ:

« 実存主義 | トップページ | 平和 »