« 日野原重明さん | トップページ | いのちの形 »

2006年2月27日 (月)

認識の原理

「等しきものは等しきものによって認識される」とは認識論の根本原理である。人は他人の書物の中から、結局己のもっているものを読み出すことしか出来ない」と、高橋亘氏は著書『キルケゴール』の中で言う。

神の思いを知るのは、ただ神だけであり、神の霊のみである。それは神の霊を通して、預言者に伝えられる。

|

« 日野原重明さん | トップページ | いのちの形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/8858760

この記事へのトラックバック一覧です: 認識の原理:

« 日野原重明さん | トップページ | いのちの形 »