« 目覚め | トップページ | 体系 »

2006年3月18日 (土)

倫理と宗教

倫理の極みに宗教あり。宗教は倫理の実現であり、その意味で否定でもある。しかし、倫理の実現としての宗教は倫理の否定を内包しつつも、倫理を対話の手段として重視しなければならない。倫理は、まだ宗教に至らない人たちにとっての道であるのだから。その道には宗教の思いが込められているのである。

|

« 目覚め | トップページ | 体系 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/9142520

この記事へのトラックバック一覧です: 倫理と宗教:

« 目覚め | トップページ | 体系 »