« 教育の限界 | トップページ | 無名なる有名者 »

2006年3月 3日 (金)

歌の役割

「あゝ、モンテンルパの夜は更けて」という曲は知っていたが、この曲のエピソードを、室町アンカーから初めて教えてもらった。フィリピン・モンテンルパ収容所の日本人戦犯が、手紙を渡辺はま子さんに送り、その中に楽譜が入っていたという。その曲を、渡辺さんが収容所慰問で歌い、渡辺さんたちのフィリピン政府への嘆願で、囚人たち全員が釈放されたのだという。涙を流して聞いた。歌詞の中に、囚人たちの思いが込められていた。

深夜便を聞いて、涙を流す。そんなことで、日本の浄化が進んでいく。高齢者たちの役割である。

|

« 教育の限界 | トップページ | 無名なる有名者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/8923261

この記事へのトラックバック一覧です: 歌の役割:

« 教育の限界 | トップページ | 無名なる有名者 »